2018年07月31日

『平成30年度応援団OB会 総会・懇親会』が開催されました

平成30年7月28日(土)18:00より市内某ホテルに於いて『平成30年度応援団OB会 総会・懇親会』が開催されました。
校友会執行部からは、金井会長、野村組織強化部部長(副会長)が出席されました。
本年度は役員改選が大きな課題となり、役員も大幅な改選となりました。
初代会長の山田忠男様(高校16期)から加我洋三(高校34期)新会長が就任され、副会長には、藤井雅樹様(高校36期)、幹事長には内田優様(高校36期)など一気に若い期の役員構成となり大先輩からのお力をお借りしながら応援団OB会の発展に向け舵を取って行く方向となりました。
北海は悠久の歴史を持つ伝統校の宿命を背負いながら、現代に合った形を構築し、未来に於いても伝統を引き継ぎながら存続し続けなければなりません。
北海の代名詞であった「応援団」も今は「OB会」と言う形で存在しています。
「応援団OB会」の目的は、大先輩から在校生までが同じⅮNAである証としての(応援歌の継承)、どの伝統校も必ず応援の場で掲げている(団旗掲揚)、更に、新たな現代に合ったどの学校も表現している、チアリーダー・ブラスバンド・応援リーダーの三位一体となった応援スタイルの構築を提案やお願いをしながら活動する事を目的としています。
現在の北海は、スポーツ部も文化部も殆どが全国レベルです。であるならば、応援スタイルや他校との応援に伴うエール交換等のしきたりも全国レベルでなければならないのではないでしょうか?
これから、新たな役員の下応援団OB会は奔走して行く事を再確認し閉会となりました。

【写真・原稿提供:組織強化部】


DSC_0769.JPG

DSC_0774.JPG

DSC_0775.JPG

DSC_0778.JPG
posted by 北海校校友会 支部情報 at 19:16 | 各同期会・各部活動OB・OG会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする